初心者にオススメなキャンプの寝具セット(寝袋・マット・枕)

p1040876

キャンプ泊を快適にするためには、寝袋などの寝具アイテムを一通りそろえておきたいところです。

今回は初心者向けに、春~夏用の寝具関連アイテムとして「寝袋」「マット」「枕」のオススメをご紹介していきます!

初心者向けのシュラフ(寝袋)のオススメ

(1)夏にオススメ!リーズナブルなコールマンの寝袋

15度以上の気温で使用可能な、薄手のシュラフです。

Amazonなら2,000円前後から購入できます。(記事更新時)

わたしたちもこのシュラフを使っていますが、寝袋として使っても、敷布団として使っても快適でしたよ!

洗濯機で丸洗いできるのも、嬉しいところ。難点は収納する時に、収納用の袋が小さくてパンパンになってしまうことです。

キャンプグッズの収納袋って全般的に小さくて、収納する時にコツがいるんですよね……なぜ……。

寝袋としては優秀なので、夏キャンプにはオススメです。

くわしいレビュー記事も書いてるので、気になった方はぜひ。

【レビュー】洗濯できるコールマンの夏用寝袋「パフォーマー2/C15」を使ってみた感想

2017.03.30

(2)春や秋も使えるコールマンの寝袋

ひとつめにご紹介したものよりも厚手で、5度以上の環境にオススメなのがコチラのシュラフ。

春先や晩秋などでキャンプにいくなら、これぐらいの分厚さがほしいところです。

元値は5,000円ぐらいなのですが、Amazonだと3,000円ぐらいで売っています(記事公開時点)。

表面がネイビーで、裏地がオレンジなのも可愛い!

先ほどご紹介したシュラフと同様、敷布団としても使えるし、丸洗いも可能です。

シュラフの下に敷く必需品:マットのオススメ

(1)これだけでも敷布団にできちゃうWhite seekのエアマット

シュラフだけだと、地面のゴツゴツを感じて寝にくいので、このようなマットを敷くのがおすすめ。

厚さが3cmあるので、地面の冷たさやゴツゴツから解放されます

White seekのエアマットは、キャップを開けておけば勝手に膨らむ自動膨張式で準備もラクちん。

また、夏場ならシュラフを使わず、このエアマットにタオルケットだけでも大丈夫そうです!

レビューはこちら。

キャンプの夜を快適に!寝袋マットの選び方&2,000円のマット正直レビュー

2018.07.13

(2)コンパクトなBLUE COVEのエアマット

自力で膨らませる必要がなく、自動で膨らむエアマットです。

分厚さは2.5cmとややコンパクトですが、適度なクッションで地面のゴツゴツから守ってくれます。

2人キャンプだとテント自体もそれほど大きくない場合も多いので、これぐらいのコンパクトなマットでも良いかもしれませんね~。

あった方が安心するキャンプ用のマクラ

自動で膨らむキャプテンスタッグの枕

枕なしでも寝ることはできますが、わたし的にはあった方が快適でした!

(ただし、マットに枕がついてないタイプの場合です!)

わたしたちもキャプテンスタッグのコチラの枕を使っていますが、勝手に膨らんでくれるので準備に手間がかかりません。

安いので気軽に買えるのも良いところ。くわしいレビュー記事も書いているので、気になる方はどうぞ!

初キャンプにおすすめ!安いアウトドア枕「キャプテンスタッグピロー」のレビュー

2017.03.08

まとめ

キャンプの夜をより快適にするためにも、シュラフ・マット・枕の3点セットは必ずそろえておきましょう!

ちなみにわたしは、シュラフなしでキャンプに挑戦したことがありますが……もちろん一応寝られるんだけれども、やっぱりあった方が良いなと思いました(笑)

そのときのレビュー記事はコチラです。ご参考まで!

キャンプは寝袋無しでもいける?シュラフ無しで一晩寝てみてわかったこと

2017.05.25

スポンサードリンク