【1年間使ってみたレビュー】SOTOレギュレーターストーブST-310のメリット&デメリット

愛用者が多いSOTOのレギュレーターストーブST-310、わたし達も昨年から導入しました!

結論から言えば「キャンプご飯を簡単にすませたい2人キャンプにはぴったり!」でした。

とはいえ、実際に使ってみて気になった点もあるので、1年間使って感じたメリット&デメリットをレビューします。

SOTOのレギュレーターストーブST-310のメリット=火力十分・軽い・小さい

火力は十分◎調理も湯沸かしも問題なし

安定した火力」がウリのSOTOレギュレーターストーブ。

実際に焼き調理で使ったり、お鍋をしたり、お湯を沸かしたりしましたが、自宅で調理するのと変わらない調理時間でした。

一度に1つの料理しかつくれないため、大人数のキャンプには不向きな気がします。ソロや2人キャンプで、簡単なご飯ですませる人には十分です◎

燃料の「CB缶」は安く手に入る

SOTOレギュレーターストーブの燃料である「CB缶」は、家庭用のカセットコンロなどでも使うタイプのもの。

価格が安いのが特徴で、SOTOのCB缶も1本200~300円で手に入ります。

他社製品のCB缶も使えなくはないけれども、公式サイトでは禁止する文言とともに「事故があった場合でも保証の対象外」と記載があるので、SOTOのガス缶の使用をおすすめします

ちなみにガス缶は「CB缶」と「OD缶」の2種類があるので、豆知識としてまとめておきます。

ガス缶の種類
  • CB缶:カセットガスボンベの略。家庭用で火力はOD缶に劣る。値段がお手頃。
  • OD缶:アウトドアの略。野外でも火力が安定。値段はやや高め。

レギュレーターストーブはかなり軽い&小さい

収納時にコンパクトになるSOTOレギュレーターストーブは、荷物をとにかく減らしたい身軽なキャンパーの味方。

写真はiPhone7との比較です。(古いiPhoneでお恥ずかしい…笑)

スマホとあまり変わらないサイズ感で、重さは350gと超軽量。

持ち運びもラクだし、収納もかさばらず、優秀です。

SOTOレギュレーターストーブは組み立て&点火方法も超簡単

組み立ても、とても簡単。

最初は折りたたまれた状態になっているので、脚をスライドさせて開きます。

脚の位置は、勝手にカチャッと固定される仕組み。

「SOTO」と書いてある部分は、ガスボンベが熱くならないように守る遮熱板です。やや鋭利なので、手を切らないよう注意。

ガス缶のフタを取って、レギュレーターストーブに設置します。

ガス缶の口の形とレギュレーターストーブの装着口を合わせて、押し込むだけでOK。

写真の手前側にあるつまみを回してガスを開放すると、シューッとガスの音が鳴ります。

つまみの下にある点火スイッチを押せば、火がつきます!

点火アシストレバーもセットで購入するのがおすすめ

手前のつまみ下の黒い部分が点火アシストレバーです

わたし達が購入したレギュレーターストーブST-310は、点火アシストレバーとセットになっているモデル

点火アシストレバーがないと、やや点火スイッチが押しにくいです…。

火を点け直すときとか、熱くなった脚に触れてしまい、やけどのおそれも。

そのため、レギュレーターストーブST-310と点火アシストレバー、ガス缶がセットになった3点セットを購入するのがおすすめです!(わたし達が購入したのもコチラです)

SOTOレギュレーターストーブの3つのデメリット

1年間使ってみて少し気になった3つの点と、その対策をご紹介します。

弱火にしていると風で消えてしまうことがある

風が強い日には、火が消えてしまうことも。特に弱火にしていると消えがちです。

とはいえ、我が家の場合は風上に自分が移動することで、問題なく使えています(笑)。

快適に使用したい場合は、レギュレーターストーブ専用のSOTOウィンドスクリーンも合わせて持っておくと良さそうです。

付属ケースが簡易的なので気になる人もいるかも

付属のケースはこんな感じ。巾着袋です。

シャカシャカした生地で、かなり薄めなので、ケースの上から触ってもレギュレーターストーブのゴツゴツ感がわかるほど。

レギュレーターストーブを保護してくれるっていう感じではないので、気になる人は専用マルチケースを使う手もありますが…

結構高い(定価2300円税別)ので、100均などで同じサイズ感の収納ケースを買うことをおすすめします!

ちなみに、わたしはあまり気にしないので(ガサツ)、付属のケースのまま持ち運びしています。

大きめのフライパンだと少し不安定

レギュレーターストーブST-310のゴトクは、直径19cmまでの鍋やフライパンをのせられる仕様。

ただ、使ってみた感じだと、18~19cmのフライパンを使うと少し心配な感じでした。風とか吹いたら、落ちそうで怖い。

実際に落ちたことはないし、一応ちゃんと乗るので問題はないですが、大きめの調理器具を使う場合は持ち手を抑えておくと安心です!

そもそも小さめの鍋やフライパンを使うのが良いかも。

ちなみに、ホットサンドもレギュレーターストーブを使って作れますが、ホットサンドメーカーは柄が長いので安定させるのが難しく、手で押さえて作ってます!

補足:レギュレーターストーブ用のグリルプレートを使うのもアリ

SOTOレギュレーターストーブST-310には、オプション品が結構あります。

既に「点火アシストレバー」や「ウィンドスクリーン」などをご紹介しましたが、他にもあるのでまとめておきます!

焼肉をするならグリルプレート+遮熱版のセット

レギュレーターストーブが、鉄板に早変わり。BBQ気分も味わえます。

サイズは小さめですが、1~2人のキャンプなら使えそうです。

※我が家は別でBBQグリルを持っているので、使用していません。

【レビュー】2人BBQにオススメ!コールマンの「PACK-AWAY GRILL2」の使い方と正直レビュー

2017年7月29日

脚が滑らないようにするアシストグリップ

テーブルの素材によっては、レギュレーターストーブがつるつると滑るかも。

その場合は、シリコン製のアシストグリップを装着するのがおすすめです。

こちらは点火アシストレバーもセットになっているので、あわせて購入する際はレギュレーターストーブ単品を購入しましょう!(点火アシストレバーがダブらないよう注意)

サイズ感も、使いやすさも、ゆったり過ごしたい2人キャンプにはぴったり◎

持ち運びがラクで、パッと使えて、片付けもラク…。

ゆったり過ごしたい2人キャンプには、ちょうどいい調理器具だと思います。

炭火で楽しむBBQも楽しいけれど、「とにかくラクしたい!」ということなら、SOTOレギュレーターストーブST-310がぴったりです。

個人的には、点火アシストレバー&ガス缶との3点セットがおすすめです!

 

こちらの記事もどうぞ!

【レビュー】2人BBQにオススメ!コールマンの「PACK-AWAY GRILL2」の使い方と正直レビュー

2017年7月29日

夫婦キャンプご飯!超簡単なのに最高な初心者メニュー9選【ずぼらな我が家の定番飯】

2018年5月30日

スポンサードリンク