【レビュー】リクライニングできるColemanのハイバックチェアを使ってみた!正直な感想を書くよ

「キャンプでゆったりと座れるイスがほしい…」

ということで、コールマンのレイチェアを購入しました!

3段階のリクライニングがついている、このハイバックチェア。

3段階リクライニングのハイバックチェア

先にざっくり感想をまとめると、

  • メリット:めちゃゆったりできる
  • デメリット:重い・収納幅取る

という感じです。座り心地や使い勝手について、くわしく書いていきますね。

コールマン「レイチェア」を選んだ理由は?

このレイチェアの最大のウリは、3段階のリクライニングです。

わたしたちはもともとコールマンの「ファンチェア」シリーズを使っていたのですが、これってご飯食べるのはいいけど、ゆったり座るのには向いてないんですよね。

もともと持ってるチェア

そこで「のんびりできるハイバックチェアがほしい!」と思い立ち、最後まで候補に残ったのはこの2つ。

丈夫な6号帆布を使った、包み込まれる安心感のあるチェア

実は第一候補だったスノーピークのチェア。

焚き火に強い素材なのが良かったのですが、実際に座ってみると、確かに包み込まれる安心感はあるものの、太もも部分が急角度なのでちょっと痛かったんですよね。

それで、もうひとつの候補だったコールマンの「レイチェア」も試し座り。

3段階リクライニングのハイバックチェア

こちらは包み込まれる感じなどはないけれど、

  • 幅広でゆったり座れる
  • リクライニングがいい感じ
  • 角度的に食事もできちゃう
  • 値段がスノーピークの半分ぐらい

…ということで、こちらに決めました!

「レイチェア」の3段階リクライニングは、座り心地最高!

↑レイチェアのリクライニングは、比較するとこんな感じ。

3段階をそれぞれ見てみると、

もっとも起き上がった状態

これなら、食事もできます。

真ん中

焚き火を囲んでゆったりする時は、この角度。

もっとも寝かせた状態

空や景色を眺める時は、この角度。

ハイバックだから、頭までしっかりカバーしてくれるのが良いですよね。全体重を預けてのんびりできる…!

長時間座ってても、特に負担は感じませんでした。(昼寝してても快適だった!)

3段階リクライニングの仕方

リクライニングの方法、最初わからなかったんですが、ひじ掛けを持ち上げて動かせばOK

ひじ掛けを持ち上げて

前後にスライド

これは写真を撮るために降りて動かしてますが、座ったままで調節できます。力も不要!

ちなみに、ひじ掛け部分が本物の「木」なのも、手触り良くて気に入ってます。

「レイチェア」のデメリット…重い&収納時が大きい!

コールマンの「レイチェア」、デメリットは大きくて重いことかな。

162cmの身長のわたしが持ってみて、これぐらいの大きさ↓

持ち運ぶ時、結構大きい

重さは約3.7kgです。まあ持てるけど、長時間運ぶのはつらいかな。

ちなみに、準備と片づけは簡単!

レイチェアは、パッと開くだけで使えるのもいいところですね。

取り出したら広げて

背中の部分をグッと押し込めばOK

片づけも、同じように背中の取ってを引っ張ってすぼめればOK。

アウトドアでゆったりくつろぎたい人に、おすすめ!

頭までカバーするハイバックのチェア、キャンプでのんびりしたいなら、あるといいなぁと実感しました。

今回「レイチェア」を手に入れたことで、外でのうたた寝も今まで以上に快適に…!嬉しい!

「レイチェア」を検討してる人の、参考になったら嬉しいです!

3段階リクライニングのハイバックチェア

▽こちらもどうぞ

【レビュー】コールマンのアウトドアワゴンを買ったよ!使ってみた感想

2018年6月30日

キャンプでドリップコーヒーを♪必要な道具&淹れ方をまとめました

2018年6月15日

スポンサードリンク