初心者キャンプにおすすめ!オシャレで実用的なLEDランタン3選

キャンプの必需品ランタン。選ぶときの基礎知識と、初心者キャンパーへのオススメをまとめます。

ランタンの灯りは、夜のキャンプサイトの雰囲気を決める重要なもの。

だからこそ、自分が本当に気に入った、とっておきのモノを購入してみてください!

ランタンには3種類ある!初心者におすすめなランタンの選び方とは?

アウトドア用のランタンは、大きく分けて3種類あります。

  • LEDランタン:初心者向き、電池で動く、テント内でも使用できる、明るさは限定的
  • ガスランタン:難易度中、ガスで動く、テント内では使用不可、明るい
  • ガソリンランタン:難易度高、ガソリンで動く、明るい

ガスやガソリンは準備や手入れが必要なため、初心者にはLEDランタンがおすすめ

ガスやガソリンは一酸化炭素中毒になる可能性があるためテント内では使えないので、ベテランキャンパーにとってもLEDは必需品です。

ただしLEDは、ガスやガソリンに比べ、明るさが劣るのがデメリット。テント内で使うのならそんなに明るい必要はないと思いますが、外で使うメインランタンならば、なるべく明るいものを選ぶ必要があります

そこでポイントとなるのが、明るさの単位「lm(ルーメン)」。1つのLEDランタンをメインとして使うなら、600lm以上のものを選ぶのがおすすめです!

最初、ランタンに明るさの違いがあるなんて全然知らず、200lm前後のランタンだけで夜を過ごしていました。

暗い中お酒を飲むのも楽しいけど、陽が落ちてからBBQやると、肉が焼けてるのか焼けてないのかわかんなくなります…。やっぱり、ひとつは明るいランタン持っておきましょ!

それでは、LEDランタンのオススメを3つご紹介していきます。

(1)ジェントス 1000lmの明るさのLEDランタン

明るさが1,000lmもあるので、メインランタンにぴったり。我が家もメインランタンとして使っています。

直視するとまぶしすぎて光の残像が残るほどの明るさです(笑)

かなり明るい!

光の色も白色と暖色を切り替えられるので、気分によって雰囲気を変えられるのが良いですよね。

LEDランタンの中だと光量がかなり大きい割には安い(Amazonだと4,000円ぐらいで買えることも!)です。

かなり明るいので、ランタンスタンドを使って、自分たちのサイトからちょっと離して置いておくのがおすすめ。そうすれば、虫もそっちに集まるので、サイトでは快適にすごせます~。

ちなみに、私たちが使っているランタンスタンドはこれです。

高さは調節可能。足はペグで固定できるので、風が強い日でも安心。

こんな感じでランタンをかけておきます

(2)キャプテンスタッグ アンティーク風ランタン

キャプテンスタッグのアンティーク風ランタン、わたしたちはテントの中の照明として使っています。

暖色で良い感じの雰囲気をつくってくれるのですが、メインの証明として使うには暗すぎます。

2人用のテントの中食事の際にテーブルの上を照らす感じで使いましょう!

アンティーク調の見た目がかわいく、なんといってもリーズナブルなのが良いところ。

キャンプシーズン以外は、リビングの棚にインテリアとして飾っています。ただ置いてあるだけでも絵になる可愛さです。

カラーバリエーションも結構あるので、自分好みの色を探してみてください!

(3)コールマン LEDノスタルジアランタン

最後に、憧れのランタンをひとつご紹介します。値段は高いですが、ガソリンランタンのようなおしゃれな見た目のLEDランタンです。

もともとガソリンランタンのモデルが販売されており、それをそのままLEDランタンにリニューアルして販売しているそう。

暖色の灯りも素敵だし、光量も700lmもあってメインで使うのにも向いています。

レトロな雰囲気が素敵ですよね。いつか購入してみたいです。

まとめ

わたしが実際に使っているものや、使っていないけど「いいな」と思っているランタンを4つご紹介してきました。

初心者はまずLEDランタンからそろえて、もし余裕が出てきたらガスランタンも検討してみるのが良いようです。

(とはいえ、わたしは手入れが面倒なので、キャンプ3年目の今もLEDランタンしか使用していませんが…笑)

夜のキャンプを心地よくするために、気に入った見た目&灯りの色のランタンを選んでみてくださいね!

 

こちらの記事もどうぞ!

自分らしいキャンプに!おしゃれなデコレーションのおすすめ3選

2018.02.25

スポンサードリンク