【正直レビュー】FIELDOOR「ポータブルチェアT/C」座り心地や耐久性はいかに

コンパクトで持ち運びが簡単なチェアがほしい!

ということで、FIELDOOR(フィールドア)の「ポータブルチェアT/C」を買いました。

コンパクトチェアはヘリノックスを始め多くのメーカーから出ていて、正直どれが良いのか迷いますよね。

わたしもだいぶ比較検討して、フィールドア「ポータブルチェアT/C」に決めました。

結論から言うと、わたしは「買ってよかった!」と思っています。

とはいえ、気になる点もあると言えばあるので、そのあたりも正直に「ポータブルチェアT/C」のレビューをまとめます!

コンパクトチェアを検討した結果、FIELDOOR「ポータブルチェアT/C」を選択

これまで車で夫婦キャンプをしてきた、わたし達。

車でキャンプに行く際に持って行くチェアは、こちらのコールマン「レイチェア」です。

【レビュー】コールマン「レイチェア」使ってみて感じた気になる点&良いところ

2019年4月26日

しかし最近「徒歩キャンプもしてみたい!」という欲が高まり…

筆者
徒歩で持ち運ぶには、「レイチェア」は重すぎる&大きすぎるよね~

ということで、軽くて小さなコンパクトチェアを探すことに。

コンパクトチェアありすぎ問題

真っ先に思いついたのは、定番のヘリノックスチェア

しかし、値段は約1万5000円とお高め…。

筆者
2脚買ったら3万円を超えてしまう…(厳しい)

店舗に試し座りにも行って、たしかに座り心地は良いし、カラーもかわいいのだけど、我が家の経済事情的にも「チェアにひとつに1万5000円は厳しい」ということに。

ヘリノックスと似たチェアは多く販売されていますが、中国のメーカーなど「安いけど大丈夫かな?」と不安に。

筆者
あと、なんかどれもデザインがおしゃれじゃない…!(個人的に)

調べ続けていると、FIELDOOR(フィールドア)も「ポータブルチェア」を出しているのを発見!

楽天市場で3,960円(執筆時点)と、かなり安い。

FIELDOOR(フィールドア)はこれまでに他のギアも買ったことがある日本のブランドだったので、「これは良いのでは?」と期待。

しかし…

筆者
気に入る色&デザインがない…!

そこで発見したのが、同じくFIELDOOR(フィールドア)の「ポータブルチェアT/C」でした。

楽天市場で4,950円(執筆時点)です。

この記事を執筆している時点の値段の比較表、入れときます!

参考価格
Helinox コンフォートチェア 15,180円(税込/定価)
FIELDOOR ポータブルチェア 3,960円(税込/定価)
FIELDOOR ポータブルチェアT/C 4,950円(税込/定価)
その他中国製などのメーカー
(moonlenceなど)
2,000~3,000円程度
(Amazonなど)
筆者
シンプルな「ポータブルチェア」より値段は上がるけど、ヘリノックスよりは安いし、こっちの方が色味がかわいい!

ポータブルチェアT/C コヨーテ

「ポータブルチェアT/C」のT/Cって何?

「ポータブルチェアT/C」の「T/C」は、使われている生地を指しています。

T/Cは「ポリコットン」とも呼ばれ、ポリエステルとコットンが混ざった生地。

難燃素材で、焚き火の近くで使っても穴が開きにくいのが特徴です。

筆者
焚き火好きなら、T/C素材だと安心!
T/Cのメリット
  • 燃えにくい
  • 耐久性が高い
T/Cのデメリット
  • やや重くなる

フィールドア「ポータブルチェアT/C」は店頭販売がない=試し座りができない!

FIELDOOR(フィールドア)はネット販売のみのメーカーなので、試し座りができないんですよね。

わたしは「いいや!とにかく買ってみよう!」と思って購入してみたので、検討中の方の参考になるよう正直な感想をここから書いていきます。

フィールドア「ポータブルチェアT/C」のスペック

「ポータブルチェアT/C」のカラーは、以下の3種類。

カラー
  • カーキ
  • コヨーテ
  • オリーブ

わたしが購入したのは「コヨーテ」です。

筆者
くすんだ色味がおしゃれ!

その他の重要な情報は、以下にまとめます。

スペック
  • 素材:難燃性の高いT/C(ポリコットン)
  • 重さ:約1.08kg
  • 耐荷重:100kg

【メリット】フィールドア「ポータブルチェアT/C」の良いところ

使ってみて「良いな!」と感じたところは、こちら。

メリット
  • とにかく軽い&コンパクト
  • 焚き火の近くで気兼ねなく使える
  • 座り心地の深さがお気に入り

とにかく軽い&コンパクト

重さ約1.08kg、片手で軽々持てるサイズです。

重さと大きさをヘリノックスと比較すると、こんな感じ。

重さ 収納サイズ
Helinox コンフォートチェア 1.1kg 14×35cm
FIELDOOR ポータブルチェア 1.0kg 13×36.5cm
FIELDOOR ポータブルチェアT/C 1.08kg 13×38cm
筆者
より軽さにこだわりたい人はT/Cじゃない「ポータブルチェア」のほうがおすすめです!

サイズも重さも、ヘリノックスと大きくは変わりません。

実際、25Lのバックパックにコールマンの「ナチュラルモザイクミニテーブルプラス」と一緒に入れられるほどのサイズ感でした。

右側のミニテーブルと一緒にバックパックに入るほどコンパクト

このバックパックに入ってます

一緒に使っているミニテーブルはこちら。

焚き火の近くで気兼ねなく使える

前述の通り難燃素材のT/C(ポリコットン)生地なので、焚き火の近くでも気兼ねなく使えます!

座り心地の深さがお気に入り

座り心地、個人的にはめっちゃいいです!

すっぽり包まれるような感じ。数時間座りっぱなしでもつらくないです。

筆者
個人的には、ヘリノックスに座った感じと変わらないように思いました。

ご飯食べるときは、背もたれに寄りかからず前傾姿勢になれば全然問題ないです。

ちなみに、コンパクトさよりもリラックス感を重視するなら、ハイバックタイプを選ぶのもいいと思います。

筆者
肩までもたれかかれる方が、座り疲れしにくいとは思います!

【デメリット】フィールドア「ポータブルチェアT/C」の気になるところ

使ってみて気になったところは、こちら。

デメリット
  • 最初の組み立ては固い(コツがいる)

これは同じ構造のチェアはだいたいそうかもしれませんが、最初組み立てるときは生地が固くて、ちょっとコツがいります。

公式サイトでも、以下のように言及されています。

座面の生地は、使用初期のうちにある程度伸びる性質「初期伸び」があります。その為、予め座面生地は「小さめ」に設計されています。
公式サイトより

筆者
つまり使ううちに伸びるので、最初はちょっと固いよ!ということです。

組み立てのコツについては、のちほど写真付きで解説します!

結論:買ってよかった!

先に結論。

とにかく、買ってよかったです!

値段と質を考えるとコスパがとても良いと思います。

ヘリノックスほど高くないから気軽に使えるし(高価なものって緊張してしまう…笑)、「ポータブルチェアT/C」を買ってから、デイキャンプやピクニックに気軽に行くようになりました。

筆者
おすすめできます!

ここからは、組み立て方法をコツも含めてご紹介していきます!

フィールドア「ポータブルチェアT/C」の組み立て方

ポータブルチェアT/C」の組み立ては、コツさえ押さえれば簡単。

筆者
1~2分で組み立てが完了する気軽さが良いですよね。

1)収納袋から出す

まず、収納袋から出します。

中身を出すとこんな感じ

2)骨組みを組み立てる

骨組みはあらかじめゴムでつながっているので、ある程度勝手に形になります。

ゴムのつながりに従ってジョイントしていけばOK!

組み立ての途中で、収納袋を差し込んであげると、小物入れになります↓

3)シートを設置する

ここがちょっとコツのいるところ。

最終的には四隅に骨組みを差し込んで完成なのですが↓

こんな感じ

初めて組み立てるときは、生地が固いので入りにくいです。

そこで、骨組みを横に倒して↓

膝を置いて体重をかけながら、グッと引っ張って入れていきましょう!

4)完成!

四隅に差し込めば完成です。

前から

横から

後ろから

ちなみに、組み立て手順は付属の説明書にも書いてあるのでご安心を!

補足:こんな細かい配慮も!

収納ケースのロゴ、小さなタグで主張しない感じがいいなあと思っています。

また、収納ケースの側面はこんな感じになっていて↓

バックパックに括り付けて運んだりするのにも便利そうです!

コンパクトなフィールドア「ポータブルチェアT/C」おすすめです

いろいろ迷いながらもFIELDOOR(フィールドア)の「ポータブルチェアT/C」を選びましたが、結果「買ってよかった!」と思っています。

筆者
何より気軽に使えるのが、お気に入り!

このレビューが、検討している人の参考になりますように!

筆者
「ポータブルチェアT/C」の定価は4,950円なので、それ以下で買えるショップを探すのがおすすめです!

このサイトが本になりました!

2020年3月19日、芸術新聞社より発売。

これからキャンプを始める方向けに、わかりやすく書きました!

スポンサードリンク