ペグの種類と打ち方を解説!キャンプ初級者にオススメなジュラルミンY字ペグのレビュー有り

nuplinx-peg

[Sponserd by nuplinx]

「キャンプアイテムもそろってきたし、そろそろペグもオシャレな物を使いたいな」

最初はテントなどに初期装備で含まれる『ピンペグ』を使っている方も多いと思いますが、細かいアイテムも自分らしいキャンプスタイルにしていきたいと思い始めたら、ペグの購入を検討してみても良いかもしれません。

今回は、ペグの種類、正しい打ち方、オススメのハンマー、そして実際にわたしたち夫婦が使ってみた『ジュラルミンペグ』のレビューをまとめます!

ペグの種類って、どんなものがあるの?

「ペグなんて刺されば何でも良いでしょ」と思ってしまいがちですが、実は素材や形などいろいろ種類があって、適した使い方もそれぞれ違うんです。

メジャーなペグの種類について、ご紹介していきます。

(1)ピンペグ

テントやタープなどに最初から付属している場合が多い、ピンペグ。わたしももともとピンペグを使っていました。

ピンペグを使用しても特に不自由はなかったですが、地味だし細いため、地面に置いておくと見失って「あれ、どこ行った?」と探すこともありました。

  • メリット:だいたいどこでも刺さる・軽い
  • デメリット:曲がりやすい(特にアルミ製の場合)

(2)プラベグ


プラスチック製のプラペグも、テントなどに付属していることが多いです。

  • メリット:軽い・芝生などの柔らかい地面に刺さりやすい
  • デメリット:固い地面には不向き・割れやすい

(3)ネイルペグ

上部にプラスチック製のフックがついているネイルペグは、価格も安く、固い地面でも刺さります。

  • メリット:柔らかい地面でも固い地面でも使える
  • デメリット:上部のプラ部分が割れやすい

(4)鍛造ペグ

強度抜群で、固い地面に最も適しているのが鍛造ペグです。ベテランキャンパーが使っているイメージ。

  • メリット;めちゃくちゃ固い・固い地面にもバッチリ刺さる
  • デメリット:ものすごく重い

(5)V字・Y字・T字ペグ

ペグ自体がV字・Y字・T字の形をしているペグです。地面との接地面が多いため、抜けにくいのが特徴。

カラーバリエーションも多く、素材もスチール製やアルミ製など、さまざまです。

  • メリット:打ち込みやすい・芝生も砂利もOK
  • デメリット:抜いた後に溝に土が付着しやすい

正しいペグの打ち方とは?角度や抜き方を解説

最初はテントやタープに付属していたピンペグを使っていたのですが、今回新しくY字の超々ジュラルミンペグを使ってみました。

「ジュラルミン」とは高強度のアルミ合金のことで、とにかく固いということらしいです。あと、軽くて持ち運びやすいです。

では、このジュラルミンY字ペグを使って、正しいペグの打ち方をご紹介していきます。

(1)ペグを打つ時の角度

ペグを打つ時の適切な角度は、以下のような感じです。

  • テントやタープとは反対方向に、地面から60°
  • ペグとガイライン(張り網)の角度が90°

※わかりやすくするためにペグを抜き出していますが、本来は地面に完全に刺さった状態でガイラインとペグの角度が90°になるようにしましょう!

ガイライン(張り網)とは?

テントやタープについている、ロープのことです。ピンッと張るための網なので「張り網」と呼ばれたり、「ガイライン」と呼ばれたりします。

(2)ペグの角度に合わせてハンマーを打ち付ける

ペグの角度に合わせて、まっすぐ振り下ろせるようにハンマーを打ち付けます。

変な角度から打ち付けると、ペグが曲がってしまうので注意です。

ちなみにハンマーは、ゴムハンマー金属製のペグハンマーがオススメ。以前はテント付属のハンマーを使っていたのですが、軽すぎてペグを打つのに力が必要でした。

(3)ペグが刺さったら、ガイラインの長さを調節してピンと張る

ペグが刺さったら、よりピンっと張れるようにガイラインの長さをブタ鼻(自在)で調節します。

ブタ鼻(自在)とは?

テントやタープのガイライン(張り網)についている、ブタの鼻のような形の、長さ調節部分です。

(4)抜く時の注意点

どんなペグでも、ペグの角度に対してまっすぐになるように引き抜かないと、曲がってしまうので注意です。

ちなみに今回使用したジュラルミンペグの場合、ハンマーにペグロープをひっかけて引っ張ると、抜きやすかったです。

ジュラルミンY字ペグを使ってみたメリット・デメリット

ピンペグからジュラルミンY字ペグにレベルアップしてみて感じた、メリットとデメリットを書きます。

ジュラルミンY字ペグのメリット

  • 地面に刺さりやすい
  • カラフルなので地面に置いといても見つけやすい
  • 軽くて持ち運びしやすい
  • オシャレ

今回使用したnuplinxのジュラルミンY字ペグは、色が鮮やかでかわいいのと、付属の麻のケースがオシャレで収納&持ち運びもしやすかったです。

ジュラルミンY字ペグのデメリット

唯一のデメリットとしては、使用後に土が付着しやすいので、洗うのが少し手間かなというところです。

使用後は水に浸しておいて、その後に水で洗い流すと、水圧だけでキレイなりました!

まとめ

最初に使用していたピンペグでも芝生のキャンプ場では大きな問題はありませんでしたが、キャンプグッズって見た目も大事ですし、今後はジュラルミンY字ペグを使い続けてみようと思います。

今回使用したペグはコチラ!

nuplinxテント用ペグ 23cm A7075超々ジュラルミン20本セット(収納袋付き)

https://www.amazon.co.jp/dp/B075C755DN

 

 

スポンサードリンク